野球小説 えんのしたの声 頑張れ野球小僧たち!

外部リンク
ブログ  ̄えんのしたの声 ̄
頑張れ野球小僧たち!








カテゴリー

とにかく練習

イメージが大切

チャンスを生かす

上手くなるには努力

体をつくる

体を大切にする

初心を忘れない

勉強は大事

基本が大切

大事な事

大切なもの

大切なこと

大切な仲間たち

学ぶ事いっぱい

気持ちの持ち方

的確な状況判断

目標を持つ

野球の厳しさ

野球の素晴らしさ

野球技術

第74話 爪の手入れ (野球小説本編)


その日、誠は朝の忙しい時間に爪を切っていた。

「ヤバっ。切り過ぎた。」

いつも、どちらかというと長めの爪だが、今日に限って深爪気味。



悪い事に、今日の練習は投げ込み。

指先に痛みを感じた時には、既に血豆になっていた。



あまりの痛さに耐え兼ねてコーチに事情を話し、練習を切り上げた。




家に帰るとTVで二宮金二郎の事が取り上げられてる。



誠は父に

「そんなに偉い人なんだ?」

父は

「偉いと言うより立派な人だ。誠に爪の垢でも煎じて飲ませてあげたいくらいだよ。」



爪の垢より血豆で指先が痛くて、それどこではない誠だった。




誠へ

爪の手入れは大切。指先の微妙な感覚と指先を守る大事な爪。

(ブログ)  ̄えんのしたの声 ̄ 頑張れ野球小僧たち!  『爪の手入れ』 より。
 




本編 第75話 体をいじめる へ進む

関連サイト  (ブログ)  ̄えんのしたの声 ̄ 頑張れ野球小僧たち!
TOPページ  野球小説 えんのしたの声 頑張れ野球小僧たち! に戻る