野球小説 えんのしたの声 頑張れ野球小僧たち!

外部リンク
ブログ  ̄えんのしたの声 ̄
頑張れ野球小僧たち!








カテゴリー

とにかく練習

イメージが大切

チャンスを生かす

上手くなるには努力

体をつくる

体を大切にする

初心を忘れない

勉強は大事

基本が大切

大事な事

大切なもの

大切なこと

大切な仲間たち

学ぶ事いっぱい

気持ちの持ち方

的確な状況判断

目標を持つ

野球の厳しさ

野球の素晴らしさ

野球技術

第57話 真似 (野球小説本編)


誠とセイジは興奮気味だった。

まったく知らない人たちと過ごす一週間。



いつも戦っている地元の選手たちも何人かいるが、初めて見る顔もある。

誠が気になっているのは、日ごろ試合で苦しめられているあのクセモノ選手。


やはり、参加していた。



向こうも何度か接戦を演じているため、こちらを意識していた。

名前は、吉元シンジ。



彼らは、一言交わしただけですっかり打ち解けていた。



誠たちは彼のことを、「あいつムカツク。」

とか、「あいつウゼー。」

と言っていたが、話してみればキサクな奴だった。



しかし、誠は不思議だった。

野球では、このキサクな性格からは想像できないほどのクセモノぶり。

そして、貪欲さ。



誠はこの遠征で、このクセモノくんと一緒に過ごせるのが楽しみになった。




誠へ

好きな選手・個性的な選手の真似をしてみる。何か重要なことが解かるかも知れない。

(ブログ)  ̄えんのしたの声 ̄ 頑張れ野球小僧たち!  『真似してみる』 より。 





本編 第58話 転がす打球 へ進む

関連サイト  (ブログ)  ̄えんのしたの声 ̄ 頑張れ野球小僧たち!
TOPページ  野球小説 えんのしたの声 頑張れ野球小僧たち! に戻る