野球小説 えんのしたの声 頑張れ野球小僧たち!

外部リンク
ブログ  ̄えんのしたの声 ̄
頑張れ野球小僧たち!








カテゴリー

とにかく練習

イメージが大切

チャンスを生かす

上手くなるには努力

体をつくる

体を大切にする

初心を忘れない

勉強は大事

基本が大切

大事な事

大切なもの

大切なこと

大切な仲間たち

学ぶ事いっぱい

気持ちの持ち方

的確な状況判断

目標を持つ

野球の厳しさ

野球の素晴らしさ

野球技術

第56話 球に慣れる (野球小説本編)


誠とセイジは宮崎遠征に出発した。

二人ともちょっと緊張気味。



「宮崎の選手たちはどんなプレーをするんだろう。」

「自分のプレーは通用するのだろうか。」

「怖いヤツばっかだったらどうしよう。」



期待と不安が入り交じる出発となった。



途中で他の地域の選手たちが合流してくる。

どうも誠たちより一回り大きいような気がする。



集まった選手は18名。

誠たちの緊張は増していった。



宮崎まではフェリーで行く。

その大部屋で雑魚寝。



そこで誠が目にしたのは、常にボールを握りしめている何人かの選手。

片時もボールを離さない。



これからの一週間は、誠にとって貴重な経験となる。




誠へ

テレビを見ながら球をいじる。本を読みながら球をいじる。どんどん球に慣れてくる。

(ブログ)  ̄えんのしたの声 ̄ 頑張れ野球小僧たち!  『ボールに慣れる』 より。 





本編 第57話 真似 へ進む

関連サイト  (ブログ)  ̄えんのしたの声 ̄ 頑張れ野球小僧たち!
TOPページ  野球小説 えんのしたの声 頑張れ野球小僧たち! に戻る