野球小説 えんのしたの声 頑張れ野球小僧たち!

外部リンク
ブログ  ̄えんのしたの声 ̄
頑張れ野球小僧たち!








カテゴリー

とにかく練習

イメージが大切

チャンスを生かす

上手くなるには努力

体をつくる

体を大切にする

初心を忘れない

勉強は大事

基本が大切

大事な事

大切なもの

大切なこと

大切な仲間たち

学ぶ事いっぱい

気持ちの持ち方

的確な状況判断

目標を持つ

野球の厳しさ

野球の素晴らしさ

野球技術

第26話 とことんやってみる (野球小説本編)


見かけは貪欲さのかけらもない誠だったが、内に秘める闘志は人一倍おおきかった。

スポーツマンとしてその闘志が外へ出れば理想なのだろうが、それも彼の個性というもの。



誠は上達するためにコツコツ努力を重ねていた。

既にそれは習慣となり毎日の日課になっていた。



そして、父の豊はその姿を見ると安心した。



今日も、誠は日課になっている腹筋の強化に励んでいる。

少々、ナルシスト気味な感じもあるが、誠は何かせずにはいられなくなっていた。



そんな時、豊はバットとボールを差し出した。

「バントの練習だよ。」

「家の中で?」



バント恐怖症の誠の練習法を考えていた。

「とにかく慣れる事だってさ。」

何かで読んだらしい。



この日から毎日、徹底的にバント練習。と言っても家の中でゆるい球のバンドであったが。

この地味な、そして無意味なような練習(練習と言えるほどでもないが)がやがて実を結ぶとは、二人とも思いもしなかった。




誠へ

何でもとことんやってみる。気の済むまでやってみる。

(ブログ)  ̄えんのしたの声 ̄ 頑張れ野球小僧たち!  『とことんやってみる』 より。  





本編 第27話 恵まれた環境 へ進む

関連サイト  (ブログ)  ̄えんのしたの声 ̄ 頑張れ野球小僧たち!
TOPページ  野球小説 えんのしたの声 頑張れ野球小僧たち! に戻る