野球小説 えんのしたの声 頑張れ野球小僧たち!

外部リンク
ブログ  ̄えんのしたの声 ̄
頑張れ野球小僧たち!








カテゴリー

とにかく練習

イメージが大切

チャンスを生かす

上手くなるには努力

体をつくる

体を大切にする

初心を忘れない

勉強は大事

基本が大切

大事な事

大切なもの

大切なこと

大切な仲間たち

学ぶ事いっぱい

気持ちの持ち方

的確な状況判断

目標を持つ

野球の厳しさ

野球の素晴らしさ

野球技術

第24話 本番では何とかならない (野球小説本編)


誠はスクイズが苦手だった。

バントのコツが掴めない。



球を上手く殺す事が出来ないし、またどんなボールでも必ず成功させないといけないという緊迫感が苦手だった。

更には失敗すると、チーム絶対が一気にどんよりとしたムードになってしまう。



「ミスるなよ〜!」

誠にはみんなの心の叫びが突き刺さるように感じられた。



チームのみんなもあまり上手く出来てはいない。

また、バッティングに比べこの地味な練習もみんな嫌いだった。



誠はバントの重要性を知ってか知らずか、どうも楽観的。

「まあ、試合ではきっと成功するだろう。」

全く根拠のない、安易な考えを持っていた。



しかし言葉とは裏腹に、本当は失敗を恐れるあまり身体が硬直してしまう。

苦手だという意識もあって、サインが出た瞬間に頭が真っ白になってしまうのだった。



試合で誠が出来ること。

それは、ただただバントのサインが出ない事を祈るだけ。

そして心でこう叫ぶ、

「お願い。打たせて〜。」



何とも哀れなものであった。




誠へ

練習で出来ない事は、本番では決して成功しない。

(ブログ)  ̄えんのしたの声 ̄ 頑張れ野球小僧たち!  『本番では何とかならない』 より。  





本編 第25話 器用貧乏になるな へ進む

関連サイト  (ブログ)  ̄えんのしたの声 ̄ 頑張れ野球小僧たち!
TOPページ  野球小説 えんのしたの声 頑張れ野球小僧たち! に戻る