野球小説 えんのしたの声 頑張れ野球小僧たち!

外部リンク
ブログ  ̄えんのしたの声 ̄
頑張れ野球小僧たち!








カテゴリー

とにかく練習

イメージが大切

チャンスを生かす

上手くなるには努力

体をつくる

体を大切にする

初心を忘れない

勉強は大事

基本が大切

大事な事

大切なもの

大切なこと

大切な仲間たち

学ぶ事いっぱい

気持ちの持ち方

的確な状況判断

目標を持つ

野球の厳しさ

野球の素晴らしさ

野球技術

第13話 大切なもの (野球小説本編)


「南川くん上手だな〜。」

誠はいつも南川くんのプレーを見て研究していた。

ひとつ年上の南川くんのプレーがとてもすきで、誠は彼を尊敬していた。



そんな誠の好意を感じてか、南川くんも誠の事をかわいがってくれていた。



時には野球の事も教えてくれる。

子供同士だど、コーチに教わるのと違った伝わりやすさがあるようだ。



それに比べて、ワルの親玉である江藤は嫌われ者だった。

年下の子たちを子分に引き連れ、悪さばかりしている。



誠はできるだけこの江藤には近づかないように心掛けていた。



誠へ

先輩は大切に。仲間も大切に。そして、後輩も大切に。

(ブログ)  ̄えんのしたの声 ̄ 頑張れ野球小僧たち!  『大切なもの』 より。  





本編 第14話 柔軟な体 へ進む

関連サイト  (ブログ)  ̄えんのしたの声 ̄ 頑張れ野球小僧たち!
TOPページ  野球小説 えんのしたの声 頑張れ野球小僧たち! に戻る