野球小説 えんのしたの声 頑張れ野球小僧たち!

外部リンク
ブログ  ̄えんのしたの声 ̄
頑張れ野球小僧たち!








カテゴリー

とにかく練習

イメージが大切

チャンスを生かす

上手くなるには努力

体をつくる

体を大切にする

初心を忘れない

勉強は大事

基本が大切

大事な事

大切なもの

大切なこと

大切な仲間たち

学ぶ事いっぱい

気持ちの持ち方

的確な状況判断

目標を持つ

野球の厳しさ

野球の素晴らしさ

野球技術

第10話 仲間は宝 (野球小説本編)


野球を始めて、そして試合にも出るようになって、戦うことの厳しさのようなものを感じ始めていた誠。

上手くいくこともあれば失敗もする。

それは、相手も同じ事。


そんな時、チームのみんなは声を掛けてくる。

「ドンマイ。」



なんとも大ざっぱな表現で、何があっても

「ドンマイ。」


自然にやさしく声を掛け合う。

便利な言葉だ。



しかし、普段は元気の有り余った男の子。

ケンカも絶えない。


セイジのいやがらせも気になるところ。


誠は感じていた。

「野球のより友達関係が難しい。」




誠へ

チームメイトはライバルであると共に、かけがえのない仲間である 。

(ブログ)  ̄えんのしたの声 ̄ 頑張れ野球小僧たち!  『仲間は宝』 より。

  




番外編 忘年会 へ進む

関連サイト  (ブログ)  ̄えんのしたの声 ̄ 頑張れ野球小僧たち!
TOPページ  野球小説 えんのしたの声 頑張れ野球小僧たち! に戻る