野球小説 えんのしたの声 頑張れ野球小僧たち!

外部リンク
ブログ  ̄えんのしたの声 ̄
頑張れ野球小僧たち!








カテゴリー

とにかく練習

イメージが大切

チャンスを生かす

上手くなるには努力

体をつくる

体を大切にする

初心を忘れない

勉強は大事

基本が大切

大事な事

大切なもの

大切なこと

大切な仲間たち

学ぶ事いっぱい

気持ちの持ち方

的確な状況判断

目標を持つ

野球の厳しさ

野球の素晴らしさ

野球技術

第3話 自分にあったもの (野球小説本編)


早速、コーチの指導を受けた誠だが、どうもピンときていない様子。

しかし、人の言うことを聞こうとする姿勢だけは好感が持てる。



回りの子供たちと比べても、決して上手な訳でもない。

また、見るからに素質が感じられると言う程でもない。


それでも、コーチは熱心に教えてくれている。

ありがたい事だ。



またある時、近所でキャッチボールをしていると、甲子園にも出たと評判のおじさんがやってきて、基本の動きを一通り教えてくれた。



その人は言う。

昔は外で遊ぶ子供たちはみな、好きなプロ野球チームの野球帽をかぶっていた。

そして暇さえあればキャッチボールや野球を楽しんでいた。

今ではめっきり少なくなってしまった野球小僧たち。



「寂しいもんだ。まー、がんばってくれよ。」



誠は解ってか解らずか、これまた熱心に聞いている。



素直が取り柄の誠だが、いろいろ教わったら今度は良く考えなければならない。



そして、母は縁の下から呼びかける。


誠へ

いっぱい学びたくさん吸収したら、今度は一生懸命考え、自分に合ったものを実行すれば良い。

(ブログ)  ̄えんのしたの声 ̄ 頑張れ野球小僧たち!  『自分に合ったもの』 より。





本編 第4話 悩むな! へ進む

関連サイト  (ブログ)  ̄えんのしたの声 ̄ 頑張れ野球小僧たち!
TOPページ  野球小説 えんのしたの声 頑張れ野球小僧たち! に戻る