野球小説 えんのしたの声 頑張れ野球小僧たち!

外部リンク
ブログ  ̄えんのしたの声 ̄
頑張れ野球小僧たち!








カテゴリー

とにかく練習

イメージが大切

チャンスを生かす

上手くなるには努力

体をつくる

体を大切にする

初心を忘れない

勉強は大事

基本が大切

大事な事

大切なもの

大切なこと

大切な仲間たち

学ぶ事いっぱい

気持ちの持ち方

的確な状況判断

目標を持つ

野球の厳しさ

野球の素晴らしさ

野球技術

第1話 きっかけ (野球小説本編)



誠が風邪をひいて医者に行った時のこと。

「お子さん太り過ぎですね。このままだと肥満症です。」



父(豊)はショックを受けた。

風邪どころではない。



「男の子は、たくさん食べて大きくなりなさい。」

そう言って育ててきたが、そこまで大きくなっていたとは。


太ってきたのは解っていたが、実際に医者から言われると深刻になる。




運動不足解消のため、あわてて地元の少年クラブをまわった。

野球、サッカー、剣道、柔道、空手、テニスと色々やってるもんだ。



豊は本人に選ばせる。



すると誠は、「野球にする。」

迷わず口にした。



母の好きだった野球を選んだ。



未だ母の死を受け入れる事の出来ない誠。

「母さんの言うこと、ひとつも聞いてあげなかった。せめて野球をやろう。」



理由はともあれ、野球を始める事になった誠。



そして息子を心配し縁の下に宿る佐知子には、どうしても伝えなければならない事があった。

それは、“えんのしたの声”となって誠に届く。



誠へ

きっかけは人それぞれ。大切なのは決めた道を迷わず突き進む事。

(ブログ)  ̄えんのしたの声 ̄ 頑張れ野球小僧たち!  『きっかけ』 より。(←こっちも見て戻ってきてね。)





本編 第2話 たくさん学ぶ へ進む

関連サイト (ブログ)  ̄えんのしたの声 ̄ 頑張れ野球小僧たち!
TOPページ  野球小説 えんのしたの声 頑張れ野球小僧たち! に戻る