携帯小説版

まえがき




野球には全く興味のなかった主人公の

真嶋誠

が導かれるように野球と出会う。



それは、病弱な母

佐知子

との別れによるものだった。


 



佐知子は野球選手の父の姿を見て育つ。

体が弱かった為に自らプレーは出来なかったが、父親から学んだものをひとつひとつ手帳にまとめた。




それが携帯サイト
えんのしたの野球教室




母は縁の下から厳しく、そして暖かく誠を見守る。



一度も会った事のないおじいちゃんの教訓は、母を通じて誠に受け継がれる。



素直な性格の誠は野球を通して多くの人達と出会い、そして様々な事を学んでいく。



上達する喜びを知り、母と二人で目指す夢、栄光への二人三脚。

幾多の苦難を乗り越え、誠の成長を描く物語。




 



携帯小説版
「えんのしたの声」




※この物語はフィクションで、登場する人物その他は実在しません。

ご注意 このサイトの構成

本編 母の決意




関連サイト
えんのしたの野球教室

トップページへ